• About Us

    About Us

ごあいさつ

肩こりや腰痛。関節リウマチなどからくる、慢性的な痛みの緩和など、日々の生活の中で悩みの多い病状を、患者様に寄り添いながらケアをしていきたい。
それがが当院のポリシーです。
自然の光が差し込む待合室は開放的な作りです。 診察室は光が入り、落ち着く空間づくりを心がかけました。みなさまの元気のお手伝いができればと、2階のリハビリ室には厳選したリハビリ器具を揃えました。

院長プロフィール

院長:八重垣誠

院長:八重垣 誠

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター
  • 日整会認定リウマチ医
  • 日整会認定リハビリ医
  • 日本リウマチ学会員
  • 日本臨床リウマチ学会員
  • 日本人工関節学会員
  • MPS研究会会員
  • 身体障害者指定医 (書類作成)
  • 補装具交付意見書作成
  • (内反足の靴型装具の作成や、膝、手などの各種装具の交付)
  •  医師会看護学院 整形外科 講師

当院の特徴

当院では膝・肩関節や首や腰からの神経痛で困っているみなさまが、
少しでも和らげられるように
サポートする事を理念としています。
(ペインコントロール、リウマチ治療)。


当院の特徴1

当院では『開放型MRI』『エコー』をはじめとする最新診断機器を備え、地域のかかりつけ医として、ロコモ指導による健康増進・運動指導・スポーツ障害・骨粗鬆症・関節リウマチ・外傷・変性疾患・ペインクリニック・老年内科・小児疾患やフットケアなど積極的に取り組み、その後投薬、装具療法、リハビリテーションを通して一緒に症状を和らげていきます。

当院の特徴:アフターフォロー

また、各種変形性関節や肩関節周囲炎に対し、注射や装具、リハビリ介入すると効果が上がる症例も多数あります。

凍結肩(いわゆる五十肩)では夜間痛や可動域制限にて日常生活に支障が出ていると思います。エコーガイド下に関節注射や日帰り授動術(silent manipulation ) も効果があります。

前後のアフターフォローが大事というデータや実績もあります。

当院の特徴:日帰り手術など

日帰り手術として、手足の外傷手術・縫合、バネ指などの腱鞘炎、手根管症候群、また脂肪腫・粉瘤などの軟部腫瘍、陥入爪手術なども行っております。ご相談下さい。入院が必要な場合、連携先に依頼したり手術に出向いたりしております。