院長のコラム

院長のコラム
#
2018/03/04 11:22
腰痛の中で筋筋膜性腰痛についてお話ししたいと思います。  腰痛は日常生活の姿勢が強く影響していると考えます。疼痛を和らげるためには姿勢の改善は必須です。人間の姿勢に着目すると人の重心の中心は仙骨周囲にあります。立位姿勢において骨盤の前傾・後傾の偏位が脊柱の弯曲や下肢関節の肢位に変化をもたらし、姿勢や動作に多大な影響を及ぼします。  当院のリハビリテーション科では疼痛軽減を目標に姿勢・動作の変化を図るため、根本治療の原因を評価し、治療や自主訓練の指導に力を入れています。
#
2018/02/03 19:09
東北骨代謝・骨粗鬆症研究会で演題発表させて頂きました。
#
2018/02/03 19:03
変形性膝関節の進行と骨粗鬆症の相関関係について講演がありました。骨粗鬆症の治療と膝痛の治療を併用すると、痛みの緩和や手術の回避をできるする患者さんを多数経験してます。諦めずに相談して下さい
#
2017/11/26 14:23
地域に愛され必要とされるクリニックをめざします 地域のかかりつけ医として、3つの目標を掲げて診療してます。 1:骨折による寝たきりを無くす 2:関節リウマチによる動作障害や疼痛を緩和する 3:慢性疼痛の緩和
#
2017/11/26 13:39
当院では研修会や勉強会に多く参加し、日々学習に取り組んでいます。今回は、スポーツ障害の研究や今後の課題、リハビリ後の変化、術式の提示など多くのことを勉強して参りました。スポーツ復帰を目指したい学生や社会人の方、是非当院へお越し下さい(^^) (当院PT F.より)