院長のコラム

院長のコラム
#
2018/03/14 23:03
体力低下に伴い活動量や筋肉量が減少します。 そうすると、転倒骨折に伴い身体・精神機能障害や要介護状態になりえます。 平均寿命と健康状態の差は男性で9年、女性は13年といわれています。 運動量の現象の背景を探しながら、漢方薬などで身体機能や免疫、情動、認知など身体の脆弱性を総合的に改善させていくように治療してます。
2018/03/11 12:15
まだまだ転倒による骨折で困る事が多々あります。ギブス固定などで自宅療養も可能ですし、希望者は連携施設に連絡して入院手続きをしております。適宜御相談下さい。
#
2018/03/04 11:39
蕪島が震災、火災と度重なる困難から復興する姿は本当に勇気づけられ、八戸の象徴にふさわしいですね。地域の方々に愛され大切にされてきた蕪島神社もどのようになるのか楽しみです。
#
2018/03/04 11:22
腰痛の中で筋筋膜性腰痛についてお話ししたいと思います。  腰痛は日常生活の姿勢が強く影響していると考えます。疼痛を和らげるためには姿勢の改善は必須です。人間の姿勢に着目すると人の重心の中心は仙骨周囲にあります。立位姿勢において骨盤の前傾・後傾の偏位が脊柱の弯曲や下肢関節の肢位に変化をもたらし、姿勢や動作に多大な影響を及ぼします。  当院のリハビリテーション科では疼痛軽減を目標に姿勢・動作の変化を図るため、根本治療の原因を評価し、治療や自主訓練の指導に力を入れています。
#
2018/02/03 19:09
東北骨代謝・骨粗鬆症研究会で演題発表させて頂きました。