院長のコラム

院長のコラム
#
2021/02/21 10:41
令和3年2月18日に当院リハビリテーション室にて肩関節に悩みのある患者様を対象に健康教室を開催しました。講師は東北メディカル学院の理学療法学科専任教員である庭田幸治先生に『肩の運動療法について』講義をしてもらいました。  次回は3月18日に『腰痛の基礎知識』について講義中心の健康教室を開催する予定です。参加希望の方は当院リハビリスタッフに声をかけて下さい。
#
2019/12/22 16:02
慢性疼痛の診療について参加してきました。 慢性疼痛は2000万人もいると推定されているようです 認知感情的原因、身体的要因、社会的要因 スピリチュアルな要因、その他の要因など多岐にわたり、生物社会心理問題がメインになってきます 患者さんの生活の質や日常生活を向上させることが目的で、痛みを0にする事が最終目標ではないとなっており、現時点での医学の到達点と考えられてます。 急性と慢性は目標が違いますので、時期に合わせた目標設定を一緒に構築していく事が肝要です
#
2019/12/22 13:48
下肢バイオメカニクスの基礎セミナーを当院理学療法士3名受講してきました。 足部評価や非荷重での検査の意義や前足部・後足部での代償動作の考え方を学び、インソール処方時や徒手療法へも応用できる内容でした。 当院のインソールに興味や相談がある方は院長又はスタッフまで宜しく御願いします。
#
2019/07/21 22:51
大学の時、ニュージーランドの大学に留学させていただきました。その際、見た映画でミリオンダラーベイビーという映画があります。先日久しぶりに視聴する機会があり、再び感銘を受けた作品でした。 人の環境因子における影響を考えると、努力だけでは全部が克服出来るとは言い難い部分もあります。 しかし、その与えられた環境の中で、例え他人から雑草と呼ばれる様な環境だとしても、最善を尽くし、「生きた」と思えれば、それはそれで悔いはなかったのではないでしょうか。その結果により、人に迷惑をかけない程度に、自分の身の振り方を考えればいいのではと考えてます。最近はあまりに自分勝手な事件が多く心痛める事が多い今日この頃です。 治療効果も本人の様々な因子によって、経過は様々です。あくまで個別に対応が基本だと考えます。
#
2019/03/24 16:06
膝や足のトラブルにおいて、インソールやリハビリ指導にて緩和するケースがあります。扁平足や内反足、怪我や疾病に伴う症例に応じて、可能な範囲のインソールなどを提案しています。詳しくはご相談ください。