院長のコラム

院長のコラム
#
2019/03/03 15:38
先日、ムンクの叫び展に行ってきました。 彼の作品は、幼少期の家族との相次いだ死別、死生観、入院生活など生きる上での苦悩が溢れているようです。 生きていく上で過去との繋がりや経験、本人の精神状態によってはどうしても次の選択に反映される事があります。ただ、人間は学習や修正する事ができるはずです。しかし適応障害など、様々なリスク因子があり、双方向に考えていきたいです。
#
2017/11/11 7:09
試合は最近流行りのビデオ判定が行われており、フェアーなプレーが増えるのでしょう。 試合後の会見で、渦中のブラジルエースについて監督からの発言に感銘を受けました。