院長のコラム

院長のコラム
#
2018/06/18 23:47
高齢化問題は八戸市やおいらせ町、階上町など南部地区で重要な問題です。
#
2017/10/15 11:04
受診時の肋骨部X線では骨折が認められなかった胸部打撲例があります。患者は初診担当医から「X線で発見できない程度の亀裂骨折があり得る」と説明を受け帰宅。2週間後その患者から「他院で肋骨骨折が見付かった。なぜ最初に診断できなかったのか」と初回に受診した病院に問い合わせが入ることもあります。初診医の説明内容に「問題はないことが多く」、「後医は名医」の問題もあります。医療は不確実性の連続であり、すべてにフルスペックの検査は保険だけでは難しいのが実情です。現在の保険制度は世界に誇る制度であり、必要最低限の検査に絞っていく必要があります。アメリカの医療の様に、民間保険に入らないと治療できないとか、救急車も1回10万円実費負担などになってきます。
#
2017/10/15 10:48
2017/09/28 19:35
足などの特定の部位に冷えを感じる人も多いです。原因不明の事が多いですが、原因になる免疫病などがある場合は治療をしていきます。
#
2017/07/22 20:41
西洋医学だけでは治療戦略として手詰まりをきたすこともあります。 溝部先生より、御講演がありました。