腰痛の原因 中臀筋編

1:腰痛と筋筋膜性腰痛

 腰痛の中で筋筋膜性腰痛についてお話ししたいと思います。筋筋膜性腰痛の原因の中でmajorな筋肉として腰方形筋が挙げられます。しかし腰方形筋自体が根本的な原因となるケースは少なく、今回は中臀筋に着目してお話しさせて頂きます。

2:姿勢と腰痛

 腰痛は日常生活の姿勢が強く影響していると考えます。疼痛を和らげるためには姿勢の改善は必須です。人間の姿勢に着目すると人の重心の中心は仙骨周囲にあります。立位姿勢において骨盤の前傾・後傾の偏位が脊柱の弯曲や下肢関節の肢位に変化をもたらし、姿勢や動作に多大な影響を及ぼします。

3:中臀筋のメカニズム

 中臀筋は骨盤に付着し、腰方形筋と筋膜で強く連結している筋肉の一つです。主な作用は股関節の外転ではありますが、中臀筋は筋内腱を有し、前部繊維と後部繊維に区分されます。前部・後部繊維で作用は異なり骨盤前傾・後傾と異なった作用を持つため機能不全を起こすことで異常姿勢を引き起こし、腰方形筋に持続的伸長ストレスが生じる事で腰痛の原因の一つになると考えられます。

4:リハビリ

 当院のリハビリテーション科では疼痛軽減を目標に姿勢・動作の変化を図るため、根本治療の原因を評価し、治療や自主訓練の指導に力を入れています。

by PT.E

 

タグ:
体質改善